BLOG NEWS
ブログ&お知らせ - フェイバリットの最新情報をお届け -

お祝いの蘭あれこれ

先日、京都の祇園にお祝いの花贈りのご注文を頂いて、お客様は、胡蝶蘭を贈ろうかと思っているのだけれどありきたりかな?と・・・おっしゃいました。
そこで・・・そうですね~。まぁお祝いでは定番ですから、間違いはないでしょうが他の方も送ってくるので胡蝶蘭がいっぱいでしょうね。すると・・・何か素敵な蘭はありますか?なので・・・渋いけれど喜ばれているパフィオという蘭がありますよ。派手ではないですが、個性的で、存在感があります。もらいなれてる方にも喜ばれていますし、仕立てが苔が覆ってあって見た目がおしゃれです。とお薦め。お客様、悩んでしまいましたので・・・胡蝶蘭は間違いないので胡蝶蘭にしましょう。良いもの探しますので・・・と話をおさめようとした私。そしたら・・・個性的な方でお願いします。とお客さま。ありがとうございます!!さっそく手配いたします。素敵なの送らせていただきます。
いつもの仲卸さんに、値段と雰囲気伝えて、安心安心。
と思っていたら、来たものがどうも私が気に食わない!!こんなんじゃお客様の要望にお応えできない!!どうしようかと思っていたら、丹野さんが植えかえたら?とアドバイス?されて色違いのパフィオを買って、植え替えに挑戦しました。奥行きだして、バランス良くして
苔たして・・・・。できたぞ~~。かっこいいのが!!蘭の生産者さんに見せてやりたいわ。
その写真をお客様にお見せしたところ・・・微妙・・・な反応・・・個性的だけど、ぱっとしないので、他のお祝い花に負けてしまうのではないかという心配でした。
大丈夫です!!存在感があるので、負けません!!素敵です!!却って目を引きます!!とわたし。
私の力説に・・・じゃあそれでお願いします。と納得してくださって?
無事、祇園のお店のお祝い花として贈られました。
いつも思うこと、花は贈る側の思いも、贈られた方の気持ちも・・・大切に考えないと成功とはいえないので気を使って、使いすぎることはなくて、しつこいようにお客様のこと、先方様のことが知りたいのよね。
だから、ネットでのご注文は、苦手です。DSCF1672.jpgパフィオDSCF1676.jpg

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>