BLOG NEWS
ブログ&お知らせ - フェイバリットの最新情報をお届け -

ひとりあそび3(夏休み編)

夏休みの最終日、二子玉川で活け込みの仕事を終えて・・・、楽しみにしていた世田谷美術館にGO!ザ+コレクション+ヴィンタートォール展です。美術館や映画ってまだ日にちあると思っていると、忙しくなったり、忘れたりとすることが多いので、もういける日には、最優先で見逃さない感じです。
世田谷美術館は花市場の目の前、フェイバリットからも車で5分もかからない近さなの。
そして、比較的すいてますので見やすい!うれしいかぎりです。
派手さはないけれど、落ち着いた作品内容でのんびりと楽しんできました。
アンリ・ルソーの絵を再発見、再確認、「赤ん坊のお祝い!」がお気に入り、あとは、スナップ写真をとるような感覚の絵と言われている、ピエール・ボナールの「散歩」も好きでした。さらにさらに、『アンリ・ルソーと素朴派の画家たち』というコーナー展示が圧巻で、郵便配達屋さんだったり、農夫をしている人だったり、家政婦さんだったりの画家の絵があるのですが、その絵の持つ生命力、力強さ、に圧倒されました。そして絵にその人たちの生活感や、絵に対する情熱を感じました。なかでも家政婦をしていたセラフィーヌ・ルイさんの絵が迫力あって、感動してます。この方の映画「セラフィーヌの庭」が上映中なので早く行きたい。
夏休みは、のんびりぐだぐだ・・そして素晴らしい絵と出会えました。DSCF1836.jpgDSCF1837.jpg

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>